イベント

岩崎さんの畑で種とり体験してきました

こんばんは、HAMA.Kです。

先週の土曜日は、県立大のクックベジサークルと一緒に雲仙市に行ってきました。
参加者は5名でした。お子さん参加ができなくてごめんなさい。9月の勉強会はお子様OKです。

まず、雲仙きのこでなめことえのきの工場を見学させていただきました。
なめこは栽培が難しく、雲仙きのこさんで九州シェアの90%以上は占めているそうです。
培養から収穫まで75日(だったはず)かかり、その間も栽培温度や湿度をこまめにかえて大事に
大事に育てられていました。
お昼もきのこづくしおいしくいただいてきました。

岩崎さんのところでは、2時間ばっちり種取作業を行ってきました。

漬菜、大根、きゃべつや、ホウレンソウ、ねぎは、実をつかせたあと乾燥させていたものを、木の棒で
バンバンたたいて種をとりました。炎天下の作業でみんな無言で頑張りましたよ。

きゅうりやかぼちゃは、実を輪切りにしてスプーンで種をかきとり、水洗い。
(この辺で大人は暑さでつかれて、学生さんにまかせて休憩してました。)

野菜ソムリエとしては、野菜つくりの基礎である種とりの大変さを肌で感じれて良かったと思った次第です。

写真は今度アップしますね。
とりあえず、簡単ですが報告まで。
[PR]
by vejinaga | 2011-07-19 20:30 | イベント

長崎で唯一認定されている野菜ソムリエの会です


by vejinaga